スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

5月1日 中野 「我が腕よ鉄槌と化せ」

ゲームズワークショップで公式キャンペーン「我が腕よ鉄槌と化せ」が始まったので
便乗してグレイナイト2000ポイントで参戦してみました。

グレイナイト2000ポイント vs オルク2000ポイント

結果「これはひどい

3ターン表で、オルクは壊滅状態。ストームレイブン1台が移動不能になっただけで、オルクはほぼ全滅。
グレイナイトは1兵たりとも、損害なしです。

族長。こんなのにつき合わせて、本当にスマンカッタ。
あまりの非道さに写真を撮る事も忘れ、族長と「これはひどい」と話をしました。



2戦目。
そういう訳で、気を取り直してもう一戦。
ケイオス1000+オルク1000 vs グレイナイト1000+エルダー1000
キルポイント戦

20110501中野01

先ほどの族長と、タッグを組み「こんな事もあろうかと!」持って来ていたケイオススペースマリーン『幻影兵団』で、グレイナイト+エルダーを相手にしました。

グレイナイトは、やっぱり非道い。

最初の3ターン目まで、グレイナイトの猛攻が続きます。
ポイントでオルク+ケイオス6対グレイナイト+エルダー8でした。

こちらの頼みの綱、オブリタレイター先生が来ない上、グレイナイトのストライクスカッドが縦深攻撃を封じられ、思うところに出て来れません。

こちらのスラーネッシュソーサラーの従属の鞭打ちは、エルダーの《サイキックは3個振ってください》とか《イージスの守りでサイキック判定は1下げて下さい》で、事実上封じられ、歪みの脅威で負傷し、射撃で殺されてしまいました。

ウォーボスが率いるノブ部隊は、グレイナイトのドレッドナイトに殺されましたが、しかし、オルクの突撃が功を奏し、グレイナイトを押しとどめ、なんとかギリギリ、勝負が成立するレベルに持ち込んでいました。

その後、ドレッドナイトをオルクのルーターの射撃でとどめを刺し、
グレイナイト10人編成2部隊の内、1部隊は(お互いの射撃でお互いに減った後で)オルク30人ボゥイが殴って倒し、
もう1部隊は、こちらのケイオススペースマリーン5人を射殺した直後で遮蔽物の少ない場所に出てきていたので、
ようやく4ターン目に登場したオブリタレイターがプラズマキャノンを命中させ、
オルクのルーターの射撃と合わせて、全滅させました。

エルダーのブライトランスでディファイラーのバトルキャノンが壊されたりと、色々ありましたが、
最終的にはグレイナイト+エルダー側の投了で勝利しました。


グレイナイトつえぇ。しかし、なんとかなる。
射撃で数が減ってれば、戦えないこともない。

今回、インクイジターのコスト効率が非常に高いことが判明しました。
200ポイント未満で、メルタ3門、ヘヴィーフレイマー(攻5貫通4)+インシネレイター(攻6貫通4)+マルチレーザーを持ったキメラが入るってのは、どう考えてもポイント効率がおかしい。
アコライト1人4点って、おかしいでしょう。

キャンペーン中は、グレイナイトが猛威を振るいそうです。
スポンサーサイト

20110430中野 ケイオススペースマリーン vs マリーン

時間があったので、最近始めたばかりでブラックリーチ強襲+αしか持って無い人と、
今度は自分がケイオススペースマリーン側で一戦してみました。

「ちょっと待て、話し合おう。」
20110430中野07
「俺が悪かった。許してー。」

全滅しました。
いやぁ。久々に言えて良かった。

今回はメルタガンがドレッドノートに当たらなかったり、ケイオスロードがドレッドノートに潰されたり、当たっても1ゾロだとか1,2だとかで通らなかったのが問題であって、次はこうはいかないからな!覚えてろよ!(と、さらに負けフラグを立てておくw)

20110430中野 灰騎士&血天使vs混沌 6000pt

20110430 GW中野店にて 灰騎士&血天使vs混沌連合で 6000ptの戦いをしてきました。

グレイナイトつええええ


1ターン目開始前、ケイオスマリーンのファビウスバイルが、配下の20人を人体改造。
20110430中野01

結果は「1:狂っておる!」
というわけで、ゲーム開始前に三分の一が死亡。
グレイナイト側が先攻だったので多数を撃ち殺してボロボロに・・・


右翼の深い場所にストライクスカッドとマーカーを配置。ディーモンを寄せ付けません。

右翼側中央地帯にグランドマスターやライブラリアンが合流したターミネイター10人2部隊がマーカーを確保し、ファビウスバイル&旗から出現したディーモンプリンス3体フレイマーと対峙。さらにブラッドクラッシャー6体とコーンのケイオスロードがコーンバーサーカーを引き連れて降りてきます。
20110430中野02

20110430中野03


中央戦線前線は、ストーレイブンwithクロウェ&ドレッドノートが、ディファイラーと対峙。
ディファイラーは1ターンの表に倒しましたが、ヘラルド等多数の悪魔が降ってきました。
・・・縦深攻撃の失敗で、1000ポイント近い悪魔が出現に失敗したのは、この周辺でした・・・

20110430中野04



中央戦線後方は、ピュリファイヤーとブラッドエンジェルのスターンガードが、マーカーを守り、ヴィンディケイター、プレデター、そしてディーモン除けのストライクスカッドが展開します。
マーカー近くにナーグルのディーモンが降りてきます。


左翼は、帝国側が完全に後手に回りました。
ケイオスのデバスタイタースカッドがマーカーを押さえ、
帝国側陣地に配置されたマーカーの周囲には、誰も居ないという状況でした。

20110430中野05

とは言え、ブラッドエンジェルのキャラクター2人がデスカンパニーを率いてランドレイダー・リディーマーに乗って突撃。そしてカルドール・ドライゴ率いるパラディン部隊。予備戦力のターミネイター2部隊のテレポートと、戦力は十分。

最初から、ほぼ全軍を展開している帝国側に対し、1ターン表はケイオススペースマリーンのみが撃たれ、2ターン表にはケイオスディーモンの半分のみが出現して撃たれ。3ターン目の表でようやく全軍が登場するが動けるのは4ターン目なので撃たれ・・・という状態では、完全に各個撃破の的になってしまいました。


自分のターミネイター2部隊(+ストライクスカッド5人)が受け持った戦場は、そこそこ多くの敵が出現しましたが、
グランドマスター『オベローン・ティタニウス』の部隊が、ブラッドクラッシャーをブラッドエンジェルの援護射撃のおかげで瞬殺。突撃してきたコーンロード&コーンバーサーカー(ロードは元々敏5、バーサーカーは猛突撃で敏5)を、ネメシスフォースハルバード(敏6)で先に瞬殺。プラズマピストルに撃たれましたが結局戦死者1名でした。
ライブラリアンの部隊は味方の援護射撃を受け、万全の状態でディーモンプリンス3体、フレイマーと戦い、6名が戦死しましたが撃退し、後に遅れてファビウスバイル率いる改造人間CSM、コーンヘラルド、ブラッドレター等と対峙しましたが、時間の都合で接近戦に入る前に終了しました。

20110430中野06

終始、グレイナイト側が押して、ディーモン側が博打的な縦深攻撃で逆転しようとして、縦深に失敗するという展開でした。

次回以降は、ここまで上手くいかないと思いますが、グレイナイトの強さを印象づけた一戦でした。

20110424 グレイナイトvsインペリアルガード 3000ptアポカリプス

4月24日に、GW大宮店でアポカリプスに参加してきました。

20110424アポカリプス

相手は「すがや的雑記帳」のすがやさん率いるインペリアルガード。
ヘルハンマー1、デモリッシャー2、レマンラス2、バジリスク3、ヴァルキリー1、キメラ4、センチネル2という大機甲部隊を相手にしました。

俺「待て、話し合おう。」

グレイナイトは対ヴィーグル装備が少なく、マジでどーすんの?という状態でした。
物陰に隠れたんですが、ヘルハンマーの主砲はカバーセーブ無視。マジ勘弁(涙

という状況だったんですが、

20110424アポカリプス2

一方的にヘルハンマーに撃たれましたが、

時間の都合で4ターンで終わってしまったので、
ターミネイターが最後まで生き残って、
あちこち確保して勝利しました。

ターミネイターがトループってのは、意外なほど強いかもしれません。
なにせ、撃たれ強い。相手の歩兵が怖がって近づいてこない。
確保ユニットとしては、心強い。

・・・でも、ヘルハンマーに撃たれてる間は、マジで心が折れてました。

今まで、対ディーモンしか考えてなかったんで、こんな感じになってしまいました。
次回までに、もうちょっとヴィーグル対策とか、編成考えます。

こんごともよろしくー

20110423 ディーモンワールドの死闘 6500+バトル

昨日、4月23日に、GW吉祥寺店で「ディーモンワールドの死闘」に参加してきました。



『惑星が観る悪夢。世界の痛みを止めるため、我々《鈍色の騎士》は存在する。』

20110423ディーモンワールドの死闘01

【勝利条件】
最終ターンに、グレイナイトのキャラクターが一人でも、盤面中央の“次元の裂け目”に接触していれば勝利。

【スペシャルルール】
ディーモンの、スペキャラ以外のユニットが全滅した場合、
次のターンに新たな増援ユニットとして、何度でも出現してよい。



グレイナイト側
20110423ディーモンワールドの死闘03

・グレイナイト2000pt(龍崎)
・グレイナイト1500pt
・エルダー1000pt
・スペースマリーン1000pt



ディーモン側
20110423ディーモンワールドの死闘02
・ディーモン4000pt
・ティラニッド1500pt
・オルク1000pt




という訳で、初期状態で6500ポイント。死んだディーモンは何度でも出てきて良いというルールで
実質6500pt vs 10000ptというバトルを楽しんできました。

20110423ディーモンワールドの死闘04


序盤。

ディーモン側の先行で始まったこの勝負、盤面中央ライン上に4大神のグレーターディーモンとピンクホラーが出現する所から始まります。

ティラニッドのバイオヴォアが後方から弾をばら撒きグレイナイトターミネイターを削っていきます。
この砲撃を止めることができず、グレイナイト側は最後まで悩まされる事になりました。

グレーターディーモン達に合流を急ぐかのように、ゴーントとジーンスティーラーの大群が走ってきます。


《裏》
グレイナイト側は2隻のストームレイブン・ガンシップを前にしつつ全軍前進。

ストームボルターの雨嵐で敵を削っていきます。
・・・削るどころの話ではありません。
サイボルト弾を装備したストームボルターは、デタラメな攻撃力を発揮し、エルダーや異端審問庁の攻撃と合わせてグレーターディーモン2体を追い返しました。
他にもゴーントやジーンスティーラー等を倒しつつ、グレイナイトは前進します。

2体のドレッドノートがデーモンのトループを1部隊づつ白兵戦に入り、ロックします。
倒すと、また出てくるという条件なので、生かさず殺さず時間を稼ぎます。

そして、この日、クロウェ無双が起こりました。
ゴーントの群れに突っ込んだと思ったら、浄化の炎と揺るぎ無しによるダメージで、一瞬でゴーントが消えてゆき、その後接近戦型カーニフィックスを倒し・・・最後はキラーカンに殺られてしまいましたが、その無双っぷりは、ギャラリーの度肝を抜いてました。


2ターン目以降、ディーモンの猛攻は続いたのですが、
盤面中央近くに陣取ったグレイナイト・ストライクスカッドが
サイキック《歪みの振動》を成功させたせいで中央には降りてこられず、
かといって周辺では戦闘が起きて降りる場所が無く・・・結局遠くに降りては撃たれるという悪循環にはまっていました。


中盤
ティラニッドウォーリアの群れとデモネット、他にも多数の軍勢を前に、一歩も引かない戦いを見せていた
グレイナイト側右翼の戦線が崩壊します。

20110423ディーモンワールドの死闘05


終盤

次々と襲い掛かるディーモンとティラニッド。

20110423ディーモンワールドの死闘06

グランドマスター&ライブラリアン&ターミネイター10人で構成された部隊が切り込み、
ナーグルのグレーターディーモンを瞬殺。
タイラント&タイラントガードを何もさせずに一方的に瞬殺。
ディーモンプリンスに何人か殺されたが1ターンキル。
などなど、無双状態をした挙句、人数の減った部隊とは分かれて、別部隊を《召喚》し、合流します。


そして最後、時間の都合で4ターン目の裏。
20110423ディーモンワールドの死闘07

遂に《裂け目》は閉じられたのでした。



皆さんの感想聞くと『グレイナイト強すぎ』『ルール間違ってるだろ』で一致しました。

まぁ、そうだよね。今回のはグレイナイトが圧倒的で暴れまくってました。


今後、色々研究されたり、対策とられたりで変わってくるんだろうけど、
しばらくは、デタラメな状態が続きそうです。

そういう訳で、デーモン500pt分買って帰りました。
グレイナイトが居る間は、ディーモンで何やっても許される気がするw


それでは、またどこかの戦場で。
プロフィール

Author:ryuuzaki73
俺が悪かった。助けて~

とか言いつつ、ミニチュアゲームとかボードゲームやってます。
ハンドルネームは「龍崎 巌(りゅうざき いわお)」と言います。

たまにRPGもやってます。N◎VAとか。

ウォーハンマー40k:ティラニッド、カタチアン、オルク、ケイオス、グレイナイト
ウィーハンマーFB:スケイブン
ウォーマシン:カドーア、傭兵、クライクス(魔女)
ホーズ:緑スコーン

新参者だったはずなんだけど、気付くとベテラン。
GWバトルブラザー1期のベテラン側参加者です。
GWアポカリプスキャンペーンでは、一番ポイントが多かったという馬鹿野郎ですw

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。